雪道走行の注意点とは

雪道に慣れていない人だけでなく、雪国に住んでいる人でも冬の運転は緊張するものです。 そこで、雪道走行はどのような注意点に気をつけて運転をするのが良いのでしょうか。

まず最初の注意点としてはこれは雪道だけに、限りませんがとにかくスピードを出しすぎないことです。 雪道はスリップして車のコントロールを取れなくなってしまう危険性もありますが、何より恐ろしいのは、 乾いた路面から比べて制動距離が3-10倍にもなってしまうと言う点です。 つまり、スピードを出していた場合、危ないと感じた時にブレーキを踏んでも遅く、 また、大分手前からブレーキを踏んだとしても間に合わないことがあるのです。 そのため、雪道で走る上では十分にスピードを落とす必要があります。

次に大事なことは、急ブレーキ、急ハンドル、急加速など急のつく行動を取らないことです。 雪道は大変スリップしやすいため、急のつく行動を取ると簡単に車のコントロールを失ってしまいます。 そして、一度コントロールを失った車を立て直すのは乾燥路面から比べてはるかに難しく、 立て直そうとすることにより、余計にコントロールが利かなくなってしまうといったことがあります。 そのため、車のコントロールができなくなるような行動を最初から取らないことが重要なのです。 しかし、どうしても危険回避のため急ブレーキ、急ハンドルを取らなければならない時はあるので、 そのため、最初にあげたようにスピードを落としておくことも雪道を走る時に重要なこととなるのです。

コメントは受け付けていません。