車も冬支度するためのチェックポイント

冬における車のトラブルと言えば凍結によるスリップ事故と寒さによるエンジントラブルです。まず、凍結によるスリップですがこちらの防止策としてはスタッドレスタイヤへの履き替え、雨や雪の翌日の山道や凍結ポイントの通行を避ける、減速走行、急ハンドルを避けるなどが挙げられます。次にエンジントラブルですがこちらは夏場のオーバーヒートと違って寒さによりキーを回してもエンジンがかからない、暖房のつけすぎによりバッテリーが切れてしまう、といったものです。こちらはバッテリー液の適宜補充、無駄な暖房を止め社内電力の節約に努める、気温が氷点下になる時などは運転を控える、などが主な防止策です。最近のスタッドレスタイヤは性能がアップしているので安心ですがやはりタイヤの溝、磨耗はチェックしておく必要があります。あと地味ではありますがワイパーのゴムも凍結に備えて冬専用のものに変える、またはスタンドでワイパーを立てゴムとフロントガラスが直接触れないようにすることも必要です。さらにエンジンオイルやウォッシャー液も寒さに強いタイプのものを選んでおくのが良いと思います。最後に、長期間乗らずにいるとエンジンがかかりにくくなるので運転はしなくてもたまにエンジンのみをかけることも重要です。

コメントは受け付けていません。