エンジンオイルの点検

車の点検項目にエンジンオイルがあります。
これはエンジン内のオイルの状態を確認することです。
これはエンジンのシリンダーとピストンの間に皮膜を作って摩耗を防ぐものです。またエンジン内部を循環することで冷却する効果もあり、エンジンの耐久性に大きく関わっています。
オイルは徐々に劣化していきます。エンジンは空気を吸い込んでいるので、酸化や水分などでオイルは傷んできます。
またオイルも循環することでだんだんと減ってきます。そのまま乗り続けると燃費が悪くなったり、最悪の場合はオーバーヒートなどエンジンに悪影響を及ぼします。
そのようにならないよう定期的に点検を行います。
その方法はエンジンルーム内からエンジンにオイルゲージというものがついているのが確認できます。
これでエンジン内のオイルの状態を確認します。このオイルゲージを一旦ぬいて先端をきれいに拭いてから差し込みます。
そしてまたぬいてオイルゲージについてるオイルの残量と汚れ具合を確認します。
もし汚れていたり、オイルゲージの適量線より少ない場合は減っていることになるのでオイル交換するなどします。
基本的には走行距離5000キロを目安に交換をしますが、長期間乗らない場合などもオイルは劣化しますのでそのあたりも考慮して交換します。

コメントは受け付けていません。